CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
Out Louder
Out Louder (JUGEMレビュー »)
Medeski,Scofield,Martin,Wood
CDで聞くMMWもいいですね
RECOMMEND
ライヴ・アズ・タイム・チェンジズ
ライヴ・アズ・タイム・チェンジズ (JUGEMレビュー »)

こういう踊れるエレクトロは好きなんです。また来日しないかなぁ
RECOMMEND
Gabin
Gabin (JUGEMレビュー »)

たまにはこういうHouseもいいかも
RECOMMEND
ライヴ!
ライヴ! (JUGEMレビュー »)
ソウライヴ
踊れるグルーヴがうねるうねる
RECOMMEND
Congotronics
Congotronics (JUGEMレビュー »)
Konono No.1
電気親指ピアノや手作り楽器から奏でるアフロ・グルーブ
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Today Back Ground Music

今聴いてる音楽や頭の中で流れてる音楽をつらつらと
<< TAICOCLUB’09 KAWASAKI | main | [Fujirock09] Basement Jaxxのセットリストが公開 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[Metamorphose09] Tangerine Dream
友達に教えてもらったアーティストを気に入って、いつから活動しているのかを聞いたら10数年やっているよと聞くとすごい損をした気分になって困る。でも、よくよく考えたら10数年前は違うジャンルの音ばかり聞いてたりするから仕方ないのである。そう考えると逆になんでその頃に聞いてたジャンルはそんなに狭かったのかと疑問に思ってしまう。まぁ、実は答えは簡単で、友達が増えて自分の知らない音を教えてくれるからなのだ。このアーティスト好きならこっちのアーティスト好きだと思うよと。

なんでこんなこと言い出したのかというと、今年のメタモルフォーゼでタンジェリン・ドリームというアーティストが出演するということでいろんなブログで騒がれているのだけど、イベントの出演者発表で初めて知った僕としてはなんでそんな騒ぐのか分からなくて、wikipediaで見たら

テクノミュージックの重要な源流でもある。

と書いてあるんだけど10数年見てきたテクノ系アーティストのプロフィールやテクノ系雑誌にタンジェリン・ドリームという言葉を見たことがなかったからまったく接点のないジャンルならわかるけど、ずっと好きだったジャンルなのに不思議でしょうがない。みんなホントに知ってたの?好きなの?と。それは、2006年に出演したマニュエル・ゲッチングも同じでwikipediaには、

テクノ・ハウスの始祖として80年代後半にそれらのDJ達によって再評価を受け、現在でも多くのアーティストから尊敬されている。

とあって、でも僕と同じで今まで知らなかったけど聞いたらよかった!というのが大半だと思ってけど、ようやく彼らが!みたいなことがブログで書かれていて不思議で不思議でしょうがなかったわけです。というわけで、タンジェリン・ドリームの音源をYouTubeで探して聞いてみた感想は、音はリズムがなくて退屈で、音数が多いわりには貧弱でJ-Popみたいに聞こえた、でした。

そういえば、タンジェリン・ドリームを友達からすすめられたことはなかったです。友達は分かっていたみたい。そして、好きな音楽というのはちゃんと自分の中で篩い分けされているんだなと。

| Techno | 01:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:16 | - | - |
なるほど、これだけ長い間やってると、どの時期の音源が好きかは人によって違うますよね。出演するほうも選曲を悩みそうだけど、近年のライブと変わらないような気がする。機会があったら初期のアルバムを聞いてみます。
| kou | 2009/08/13 9:24 AM |
ジャーマンプログレのバンドの中ではかなり有名な方ですが、
テクノリスナーの中でも聴いている人が多いって事はないでしょうね。
なんで確かにメタモに来るからって騒ぐのは何だか自分的には変な感じです。

ちなみに自分はテクノの流れの一環として聴いておりますので、初期の作品は
数枚持っておりますが、「Phaedra」辺りはエレクトロニックメディテーションとして
かなりお勧め出来ます。

途中からは安っぽいニューエイジ化しちゃって終わってますが。
で近年のライブ見た限りだと、その終わっちゃって以降の音っぽかったんで
個人的にはあんまりかなと。
| マチュ | 2009/08/12 9:09 AM |









http://bgm.jugem.cc/trackback/869