CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
Out Louder
Out Louder (JUGEMレビュー »)
Medeski,Scofield,Martin,Wood
CDで聞くMMWもいいですね
RECOMMEND
ライヴ・アズ・タイム・チェンジズ
ライヴ・アズ・タイム・チェンジズ (JUGEMレビュー »)

こういう踊れるエレクトロは好きなんです。また来日しないかなぁ
RECOMMEND
Gabin
Gabin (JUGEMレビュー »)

たまにはこういうHouseもいいかも
RECOMMEND
ライヴ!
ライヴ! (JUGEMレビュー »)
ソウライヴ
踊れるグルーヴがうねるうねる
RECOMMEND
Congotronics
Congotronics (JUGEMレビュー »)
Konono No.1
電気親指ピアノや手作り楽器から奏でるアフロ・グルーブ
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Today Back Ground Music

今聴いてる音楽や頭の中で流れてる音楽をつらつらと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
On-U Soundが30周年
リドリアン・シャーウッド主催のダブレーベル、On-U Soundが12月で30周年を迎えるそうです。やっぱり続けることは大事ですね。これからも良質な音源をつくってほしいし、楽しいパーティーをやってほしいです。

http://www.clubberia.com/news/1865-On-U-Sound-30/


| Dub | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ADF@Studio Coast
adf
6/1 Asian dub fundation @ Studio Coast

久々の新木場、agehaにも行ってないからほんとに久々。ライブで来たのはPixies以来かな

ブルーハーブは合流した友達と2階席でまったり鑑賞

休憩を挟んでフロアーへ、人もぎゅうぎゅうじゃないからスイスイと前へ。新しいアルバムはロックよりな音だけに心配していたらライブも音が小さいし音圧も低いし残念ながら音に厚みがなくなっててちょっと食傷ぎみ。メンバーがガラリと変わっても思想が変わらないのはよいのだけど・・・。初期の作品「Free Satpal Ram」「Buzzin'」が聞けたのはよかった。ディーダのいた頃のイメージがあるから、あの音圧に浸りからつーいつい足をのばしてしまうのですよ。まぁ、なんだかんだいいつつも汗だくで楽しんだのでした。

セットリスト:
01.Rise To Challange
02.Take Back The Power
03.Living Under The Radar (Ghostplane)
04.Target Practice
05.Riddim I Like
06.Ease Up Caesar
07.Burning Fence
08.S.O.C.A.
09.Flyover
10.Super Power
11.Awake / Asleep
12.Taa Deem
13.Free Satpal Ram
14.Oil

- Encore 1-
15.Buzzin'
16.Fortress Europe

- Encore 2-
17.No Fun
続きを読む >>
| Dub | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
Kodama and the Dub Station Band - more
Kodama and the Dub Station Band - more
Kodama and the Dub Station Band - more

スタジオ録音としては約3年ぶりとなるこだま和文の新作。ライブでは、なんどか見てはいるけど、CDで音源をきちんと聞くのは、初めてかも知れないです。最近こんなの多いなぁ。それはそうと、スタジオ録音といっても、こんな感じで「What a Wonderful World」「Jenka」「End of The World」、カバーが多い作品です。それもあまり脈略のない選曲、それもまたステキです。このアルバムを聴いていると部屋の空気までが、ゆるりと流れていくようです。個人的には、途中でカリンバの音が入る「Sun is Shining Dub」が1番好きです。

こだま和文インタビュー

| Dub | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
WARRIOR CHARGEが朝霧JAMに出演
「デトロイト・テクノ・リヴァイバル」という文字とDerrick Mayの表紙に引かれて10月号のremixを買いました。まぁテクノとはあまり関係ないけど、10/9に新しいアルバムをひっさげて来日公演を行う、ペリー・メリウスとウェイン・ニューンズのユニットWARRIOR CHARGEが朝霧JAM06に出演するとインタービュー記事に書いてありました。音はまだ聞いたことがないけど、80年代後半にアフリカン・ヘッド・チャージに参加していたらしいと聞いて興味津々です。

[RHYTHM & FOUNDATION '06]
2006/10/9/MON 祝日 代官山UNIT
OPEN/START:18:00
出演:WARRIOR CHARGE、DRY & HEAVY
TICKET:前売¥5,000 / 当日¥5,500 入場制限なし

追記:
朝霧JAMには行くようなことを書いたけど、まだチケットをゲットできていません。余っているという方がいたら是非譲って下さい。

| Dub | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Little Tempo - SUPER TEMPO
Little Tempo - SUPER TEMPO
Little Tempo - SUPER TEMPO

今日は風が強いけど、暖かくて気持ちいいので、要らなくなった冬の空気を入れ替えるべく、リトルテンポを聞いてます。こないだ「茶の味」という映画を見たのだけど、サントラをリトルテンポが担当していて、映画の雰囲気を引き出すのに一役買ってていいちょっと惚れたわけです。彼らの音は基本はレゲェで、スティールパンの涼しげな音が心地よい風と夏の匂いを運んできてくれるのです。カテゴリーはちょっと違うけど「Dub」にしました。
| Dub | 13:15 | comments(0) | trackbacks(1) |